スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンブリッジに行ってきた

イギリスに来て間もないころの話ですが、特に硬貨はぱっと見ても何ペンス(1ポンド=100ペンス)か分からないので、小銭が溜まっていってしまいました。そんなとき、スーパーの自動レジで、支払いが7.29ポンドとでてきました。

「しめしめ、ここで使おう」と思い、先に0.29ポンドの小銭を入れ、最後に10ポンド紙幣を入れたところ、お釣り口から大量の小銭が。

「何故?」と思ったら、お釣り口とは別にある返却口に1ペンス硬貨がコロンと・・・

受け付けてくれなかったのね・・・

小銭をはくどころか、硬貨をフルラインナップでそろえたところで、本題です。


先日、かの有名なケンブリッジ大学のあるケンブリッジに行ってきました(観光です)。

ケンブリッジ大学といえば、かのニュートンがいたという名門で、83名のノーベル賞受賞者を輩出(「地球の歩き方」より)した大学です。最近だと、ホーキング氏などがおります。どんなところだろうと行ってみましたが、ことのほか良いところでした。

とりあえず写真を。

DSCN1838_convert_20110506062212.jpg
キングスカレッジ

DSCN1872_convert_20110506061940.jpg
セントジョンズカレッジ



とても大学とは思えない佇まい、美しい自然の風景。

「おれもこんな所で研究すれば宇宙を語れそうな気がする」などとほざいてみたくもなります。

中心部には町の規模からすると大きめなアーケード街もありました。
筑波もこうなれなかったのか?(さすがに無理か・・・贅沢言っちゃいかん)

大学に興味がなくても、町並みと自然が良い具合に融合していて、観光地としてお勧めです。僕はコッツウォルズより好きです。自然の美しさに加えて、文化的な香りがどことなくするんです。博物館等には行けませんでしたが、町と大学の中を歩くだけでも、十分堪能できます。ロンドンから1時間弱で着きます。ロンドンにご旅行の際は足を運んでみてはどうでしょうか?

ロンドンに来てからまともな物理ネタをほとんど書いていませんが、せっかくなのでロンドンならではのネタをということで、本格的なネタをご期待の皆様、何卒ご容赦ください。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。