謎のテレビ

本場イングランドでサッカーをしました。これで私もイングランド仕込みです。

ど素人には入りにくいということもなく、楽しかったです。ごく普通に天然芝というのもすばらしいと思います。

ここでサッカーに関する英語の豆知識を。

例えば、華麗なターンで相手をかわしていった場合、日本だと「うまい」などと言いますが、イギリスだと”lovely”と言うようです。

辞書を調べると、「(女性が)きれいだ」という意味で使われることが多いようですし、なかなか生粋の日本人には出てこない表現です。もっとも英語のニュアンスが日本人に分かりづらいからなのか、フィジカルの激しいイングランドサッカーでは本当に女性的なプレーに見えるのか、よくわかりませんが。

気に入っていただけたら、サッカーを見ながら使ってみてください。


さて、本題です。

ロンドンにいるとプライベートで見たいものが山ほどあるので、本題の情報収集をサボっております。(申し訳ありません。こぼれ話ならたんまり溜まっているのですが。)そんな中で、今日はアパートのテレビのお話を。

今滞在しているアパートは、個室+バス、トイレ、キッチン共同という形態になっています。こちらに来てから一カ月弱くらいだったと思いますが、共用の廊下にテレビが転がっているのを見つけました。

「しめしめ、これでテレビが見れるぞ」と、テレビを部屋にもっていきケーブルを接続して、見てみました。映りはするのですが、画質が悪く、たまに音にも雑音が乗りました。そして不思議なことに、ケーブルの壁側のコネクターをはずしても、画質はより悪くなるものの、映りはするのです。

明らかに壁のコネクターに信号が来ていないと思い(実際壁にバツ印が書いてある)、文句を言おうと、大家が来たときにテレビをつけて見せたら、まあきれいに映ったこと・・・(時間帯にもよるみたいなんです)。どういうわけかテレビの位置や角度を変えると映りが変わるので、画質の悪いときにはそうやって対処したり、見るのを諦めたりしました。

まあテレビも古いし、拾ったものだし、仕方ないのかなあと思っていたある日、あることに気付きました。

ケーブルの壁側のコネクターをはずすと、画質が悪くなるにしろ映りはするのに、テレビ側のコネクターをはずすと、全く映らなくなるのです。

ケーブルの先がアンテナとして機能しているってこと?

そう思い、テレビ側のコネクターを接続し、もう一方を手に持って探ってみると、たしかに映りのいい場所と悪い場所があるのです。調べた結果、映りの良さと置きやすさの両面から、壁のコネクタボックスの上にそっと置くのが一番良いことが判明しました。

こんな感じで。

DSCN1769_convert_20110428075129.jpg

壁まで信号が来ていないが、それでもケーブルの先端がアンテナとして機能してテレビが映っているということで、間違いないのでしょう。不可解なことってのはあるものですなあ。

でも、今日のレアルマドリード対バルセロナ戦はケーブルをちゃんとつないだ方が映りがよかったなあ。もう、なんだか分かりません。

それにしても、今日のメッシはラブリーだった。(この使い方であっているのだろうか?)
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード