お見舞い申し上げます

何といっていいやら・・・

朝、BBCのニュースで津波の映像を見たときには、ただ訳が分からず呆然としました。

東の方を向いて黙とうをささげるくらいしかできません。

イギリスでも常にトップニュースです。
特に福島の原発。

こんなときなだけに、私も適当なことは書けないので、BBC NewsのWebページにある”Meltdown alert at Japan reactor”の”Q&A”の中で重要そうなものを和訳してみることにします。
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12732015
ニュースなどでいろいろ説明がなされているでしょうから、日本にいる方々の方が詳しいとは思いますが、知らない情報が含まれていたり、何かの足しになれば幸いです。

誤訳があったらすみません。

****************
放射性物質のもれはあったのか?

はい。福島県によれば、190人が被ばくしています。アメリカの軍艦the USS Ronald Reaganは、福島原発から161 km離れた場所で低レベルの放射線を検出しました。

どんな種類の放射性物質がもれたのか?

セシウムとヨウ素の放射性同位体が原子炉の近辺で検出されたとの報告があります。専門家は窒素およびアルゴンの放射性同位体も漏れたと見るのが自然だろうと言っています。ウランやプルトニウムが漏れたという証拠はありません。

どのようにして放射性物質がもれたのか?

冷却システムに問題があり、原子炉のオーバーヒートを引き起こしています。蒸気が作られて原子炉内の圧力が上がり、ごく微量の蒸気が計画的に放出されました。専門家によれば、蒸気中のセシウムやヨウ素 - 核分裂の副生物 - の存在は、燃料棒の金属ケースが溶けたか壊れたことを示唆している。しかし、ウラン燃料自体は融点が極めて高いので、溶けたり蒸発したりする可能性はより低い。

放射性物質が他の理由でもれる可能性はあるのか?

海水を3つの原子炉にいれてきた。この水は原子炉を通ることによって汚染されるだろう。しかし、それが環境に放出されたかどうかは今のところ良く分からない。

どのくらいの期間汚染が続くのか?

放射性のヨウ素はかなり早く減衰する。ほとんどは一カ月以内に消えるだろう。放射性のセシウムは体内で長くとどまらない。ほとんどは一年以内になくなる。しかし、それは自然環境中では長くのこり、長年にわたって問題となり続けることがありうる。

メルトダウンはあったのか?

「メルトダウン」という用語はいろんな意味で使われる。上記のように、放射性のセシウムやヨウ素の検出されたとの報告は、原子炉のウラン燃料を納めている金属ケースが溶けていることを示している(燃料棒メルトダウン)。しかし、ウラン燃料そのものが溶けたことを示唆するものはない。まして、チャイナシンドローム(燃料が溶け、原子炉の底にたまり、連鎖反応が再び起きて全てを溶かしてしまい、地中深くに入って行ってしまう)を示唆するものはない。深刻なメルトダウンになりそうになっても、日本の原子炉はチャイナシンドロームがおこらないようにすることができるはずである。レポートによれば、外部容器の中で原子炉の下の位置に、融解した燃料を捕らえて分散させるように設計されたコンクリートのたらいがある。

チェルノブイリのような悲劇は起こりうるのか?

専門家はその可能性は極めて低いと言っている。福島の全ての原子炉では連鎖反応は止まっている。爆発は金属とコンクリートでできた格納容器の外側で起きており、格納容器は明らかにしっかりとしている。チェルノブイリでは、爆発で原子炉の中心部を空気中に放出してしまい、何日も火が燃えて放射性物質が大気中にばらまかれてしまった。福島では、爆発は原子炉からでた水素と酸素によって引き起こされ、格納容器をかくまっていた天井や壁のみを破壊した。

核爆発は起こるのか?

いいえ、核爆弾と原子炉は別物です。
*******************


この辺で終わります。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード