遊び心も実力のうち

私、2月から4か月間イギリスの研究所に滞在する予定になっています。

いろいろ準備することがあるんでしょうけど、思い浮かびません。

職場の人に尋ねても、
「航空券があって、パスポートがあって、ビザがいらなくて、住むところが決まってて…もうないんじゃないですか?」

私含めて研究者って、大体こんな感じなんでしょうか。

行った先で何か忘れていたことに気付いたら、
「あんなブログやっている暇があったら・・・」
と誰かに言われそうだなあ、と思いつつ、本題です。


今日は、パリティ、Vol. 25 No.12 2010-12, pp. 12-13
「2010年ノーベル物理学賞 (神田晶申 著)」より。

受賞者(ガイム、ノボセロフ)が決まってから数か月たっていますので今更感がありますが、なかなか面白いことが書いてあるので、取り上げてみます。

以下、引用します。

**************************************
ガイムの研究スタイル

このように、ガイムのグループはグラフェンで多くの成果を挙げているが、昔からナノカーボン材料の研究を行っていたわけではない。「大学院の指導教官が与えた研究テーマとほとんど変わらない研究を一生やり続ける研究者もいるが、自分にとっては、同じテーマの研究を何年もやり続けるなんて退屈だ」と本人が言っているように、最近10年あまりの間に、グラフェン以外にも、メゾスコピック超伝導体、ヤモリが壁を登るメカニズムを使った粘着テープである「ヤモリテープ」の開発、反磁性を利用した磁気浮上、ナノ光学などの独創的なテーマを扱い、結果を「ネイチャー」や系列雑誌に掲載している。ガイムいわく、あるテーマについての研究をしている最中でも、つねに物理のみならず科学全般に興味を持ち続け、何かほかに面白いことはできないかと考えている、とのことである。また、ガイムの研究室では、自分達の実験装置を使ってできる、クレイジーだけれどもうまくいけば世の中をびっくり仰天させるような実験(”金曜夜の実験(Friday evening experiments)”とよばれている)に全時間の10%を費やすという伝統があり、その実験のほとんどは失敗に終わるが、うまくいった例が、ヤモリテープ、カエルの磁気浮上、そしてグラフェンの生成である、とノボセロフはインタビューに答えている。最近では”金曜夜の実験”のテーマはグラフェンに限られているらしいが、それがグラフェンの斬新なテーマを次々と切り開く原動力になっているのであろう。
************************************
(下線はブログ主が勝手に引きました)

カエルの磁気浮上に関しては、以前、たしか彼らがノーベル賞を取った直後にこのブログでも取り上げました。(http://ballackuma.blog119.fc2.com/blog-entry-75.html)面白い人たちだなあとは思っていましたが、やっぱり普通じゃないですね。ファンになりそうです。

同じテーマが退屈だ、というくだりに関しては、言うのは簡単ですが、実際には実力がないとできないでしょうね。大学院でやる研究は専門性が高いですから、終了すればその道ではエキスパートですけど、ちょっと分野が違うと学部生レベルになってしまう、なんていうのは往々にしてあるでしょう。実力ももちろんですが、変なプライドがあるとできないことかもしれません。

ただ、そもそも博士号を認定する理由は、特定の分野に詳しいからじゃなくて、研究者としてやっていけそうだから、ということでしょうから、特定の分野でしか通用しないようではいけないのでしょう。少なくとも研究テーマについてこういうマインドを持っておくことは大事なのかもしれません。私自身、博士課程を出てからテーマの違ういくつかの研究室を渡り歩いてきましたが、その経験は足しになっているんじゃないですかね。業績を積むには一つのテーマをやり続けた方がよいだろうけど、単純に新鮮味もありますからねえ。

金曜夜の実験は楽しそうですねえ。イグノーベル賞のカエルの磁気浮上と本家ノーベル賞のグラフェンがここから生まれたんですね。すごいことです。全時間の10%というのはウソだろう(もっとやっているだろう)と思いますけど。やはり、遊び心って必要なんですねえ。


次の更新は2月(イギリスに出発した後)になるかもしれません。むこうでは、イギリスならではのネタが書けたらいいなあ、とは思っています。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード