スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理科年表の数値にも血と涙

前回の更新から間が開いてしまいました。すみません。

本当に忙しかったんです。
特に論文書きで忙しかったので、家で文章を書く気が全くおきませんでした。

ひと段落ついたので、今日からちょくちょく更新します。

いつも見ていただいて来た方は、これからも見捨てないように心からお願いします。

では、本題です。


今日は、パリティ、Vol. 25 No.11 2010-11, pp.14-19より。以下、タイトルと要旨のみ引用します。

************************
基礎物理定数

ピーター・ムーア、バリー・テイラー、デイビッド・ニューエル(藤井賢一訳)

最近のデータから導かれた物理学と化学の分野で用いられる基礎定数と換算定数について、もっとも新しい推奨値が公開された。
*************************

いったい誰が測っているのだろうと不思議に思うこともある、理科年表などに載っている基礎物理定数のお話です。調べれば書いてあるのですが、その値を精密に出すのも、実は大変なんです。

どこで測っているのかというと、やはり大学が多いようです。本文の図には、電子の異常磁気モーメントに関しては、ハーバード大学のデータが記載されています。

物理というのは不思議なもので、2倍3倍ずれていても桁さえ合っていればOKということもあれば、原子時計の研究のように、17桁あるいは18桁の精度でしのぎを削っていることもあります。何が知りたいかなどによって、まったく変わってくるんですよね。2倍ずれていても本質的に現象を説明していれば十分だったりもするし、ごくわずかな違いに本質的な物理現象の違いが現れる場合(またはその可能性がある場合)には、それが分かるまで精度を上げ続けようとするわけです。

アボガドロ定数などの基礎物理定数を基にして、たとえば1 kgの基準を決めようという話もあるようです。現在はキログラム原器という物体を基準にして1 kgが決まっていますが、1 kgの物体が1 kgであり続けるというのは、当たり前のようで実は当たり前じゃないようです。日本では、産業技術総合研究所が、変質や付着物などを防ぐように、とても厳重な管理をしていると思います。それに比べると、基礎物理定数というのは、おそらくいつでもどこでも一定の数値なんです。それでも絶対一定かと言われたら、だれも証明できないでしょうが。それでも、今までにはっきりと変化が観測された例はないはずですし、いくつもの質量が変化する要因がある原器よりも、はるかに一定であると信じられるわけです。

基礎物理定数の測定精度やそれを実際に質量などの単位に結び付けることなど、難しい問題は多々あるでしょうが、こんなところにも先端の科学技術が利用されるんですな。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。