スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海は意外にデリケート[一般向け]

日本シリーズ、長かったですねえ。

見終わって、風呂入ってきたら、9時くらいからやるはずだった映画を12時過ぎてから放送しています。

お休みになってもいいように映画にしたのかと思ったら、そうでもないんですねえ。

テレビ局の事情というのは、よくわかりません。

地上波で放送されない試合もあった今年の日本シリーズですが、第8戦(やるでしょ、たぶん)を放映しなかったら投書してやる、と思いつつ本題です。


今日は海洋酸性化の話を中心に。とりあえず、日経サイエンス、2010年11月号p.67、「海の生き物を脅かす酸性化 (M.J.ハート、C.サフィナ)」の「key contents」を引用します。

*****************************
海のCO2問題

二酸化炭素(CO2)の増加で問題になるのは温暖化だけではない。海洋が大気からCO2を吸収し、酸性化している。

海水が酸性化すると、動物プランクトンや巻き貝、ウニ、ヒトデなどは、体のpHバランスの維持に多大なエネルギーを必要とするようになり、成長や生殖に異常をきたすことが実験から示されている。

海洋の酸性化があまりに急速に起きているので、多くの種は適応できないと予測されている。

生物種が減っていけば、海の食物連鎖が崩壊する恐れがある。さらなる酸性化を抑えるための行動が必要だ。
*******************************

温暖化ほどは聞きませんけど、ちょくちょく耳にします。ダイビングして海の生き物を見ると、絶妙なバランスで成り立っているのが感じ取れます。海水が酸性になっていくと生物にダメージが及ぼされるというのは、CO2で地球温暖化という話に比べると、私にはかなり納得がいきます。

もちろん実験・観測データを蓄積して、科学的な説得力を高めていくことが大事でしょう。ネット上ではやはり地球温暖化と同じように、海洋酸性化(もしくはそれによる影響)はでたらめだと主張するものも多くありますが、データを集めることは大事だと思います。私の想像でしかないですが、大気中のCO2濃度よりも、海水のpHを測るほうが楽なように思えます。地球環境を調べるよい指標になるかもしれません。また、地球規模の気候変動の因果関係を実験で突き止めるのは困難でしょうが、海水の成分が生物に及ぼす影響を調べるのは実験室である程度できそうです。

せっかくなので、話は変わりますが、最近思った地球温暖化に関する私の素朴な疑問を。たわごとだと思ってください。

人間が生み出した「熱」は、地球温暖化に寄与しないのでしょうか?電力について言えば、電気を生むときも、送電するときも、使われるときも、余分な熱が出るはずなんですが、それは温暖化に対して無視できるレベルなんでしょうか?「CO2が温室効果ガスだから…」という理由より、熱で温暖化する方が、はるかに直接的な気がするんですが。

CO2排出と熱排出とでは、似て非なるものがあると思います。原子力発電が発電時にCO2を出さなくても、熱は大量に排出するわけだし、風力や太陽光で極端に少ないCO2排出量で電気を作れたとしても、使えば熱が出るし。地球温暖化の話は大体すぐにCO2の話になってしまい、読んでもこの辺のところの情報が見当たりません。実際のところは私にはわかりませんけど、もし熱が無視できるなら一言ぐらい「人間が出す熱はほとんど影響しないんですが…」くらいのことは説明してほしいと思います。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。