スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命はどこまで凄いのか?

サッカーのバラック選手がドイツの古巣レバークーゼンに移籍するそうです。
http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1501478.html

もう33歳ですが、まだまだドイツ代表でも頑張るつもりのようです。

そうですよね。自分で限界作っちゃいけませんよ。

それに引き換え、私はこの間のフットサル大会でも"Ballack"のネーム付きのユニホームで無得点記録更新中…

ほんとにご本人に申し訳ないと思いつつ、本題です。


今日はパリティ、Vol. 25, No.06 pp.4-11.「生命(いのち)の量子論 ポール・デイヴィス著(小野嘉之訳)」から。

生命の不思議を解明するにはミクロの世界を記述する量子力学が不可欠であり、また、生命は量子力学特有の物理現象をたくみに利用しながら進化を遂げてきたのではないか、という内容です。以下、ごく一部分だけ引用します。

***********************************
しかし、なぜ量子力学が、分子の基本構造や相互作用の説明以上の関わりを生命に対してもたなければならないのだろうか?一般的な議論の一つは、量子力学的効果が、古典力学では時間がかかり過ぎたり不可能だったりする過程を可能にするのに有用であるというものである。物理学者にとって、離散性、量子トンネル効果、重ねあわせ、からみ合いなどが、新奇な予期しない現象を引き起こすことは日常的である。生命は35億年もかけて、問題を解き、効率を最適化するという作業を続けてきている。もしも、量子力学が生命のそのような活動を助長することができ、新たな可能性を開くことができるのであれば、生命がその事実を発見し、チャンスを利用しただろうということはありうる。生物学の基礎的過程が分子レベルで起こっているとすれば、量子効果を利用しているということを一概には否定出来ないと思われる。
***********************************

量子力学的効果を利用した情報通信やコンピューターは、近年非常に活発に研究されている分野です。普通こうした実験を行うためには、絶対零度近くまで冷やしたり、可能な限り外乱からの影響を除去したシステムを構築したりするなど、日常生活ではありえない様な系を高度な実験技術を駆使して作るものです。それなのに、我々の体を含めて、自然界の生命が量子力学を駆使しているのだとすれば、それは驚きです。この文献を読む限り、そうはっきりした証拠が体系的に整ったわけではないと思いますが、少なくとも萌芽的な研究として、始まってきたということです。

量子力学特有の現象について色々述べるのは省かせて頂きますが、量子力学というのは、物体がどこにあってどう動いているのかが原理的にはっきり決められなかったりして、なんだかよく分からないけど、現象は確かにそうなっているという、とても不思議な理論です。(お前がただ分かってないだけと言われそうですが、そう思っている専門家も結構いるんじゃないかと思うんですけど…。)やはり35億年の歴史というのは物凄いんですかねえ。別に生命体が量子力学的な効果を利用しようとしているわけでもないのに、とにかく効率を上げようとしたら無意識のうちに量子力学的な効果に至っていたなんてことが、本当にあるんでしょうか。まあとにかく、どこから手をつけていいかすら私にはよく分かりませんが、面白そうなテーマです。

外乱の影響の少ない系(分かりやすい系)を人工的に創りだして理解を深めていくほうが良いのか、外乱の影響をモロに受けているはずだけれども量子力学的な効果がすでに有効に利用されていると信じて生命体から攻めて行くのか、研究者の趣向が現れるんでしょう。おそらく前者のほうが、一つずつ理解を深めながら進んでいけそうです。後者だと、目新しいことが出てきても、どういうメカニズムで現れるのかさっぱり分からない、なんてこともありそうです。でも、誰も考えつかなかった量子力学的現象がヒョッコリと見つかるかもしれません。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

量子医学への途

ある物理療法を研究しています。薬ならば病気別に異なる処方でなければ。しかし、物理的作用を加えるだけで、例えば、うつ病・喘息・肝炎が、神経痛も関節炎も一日で治癒するなんてことも。これは事実です。病気とは正常状態からの逸脱であると考えると、治療を通して、生命の秩序とは何か、ということが理解されるでしょう。量子力学でなければ説明できないことです。質問サイトであるOKWaveなどでは罵倒されていました、できるだけ早く明らかにしたいと思ってはいるのですが。

Re: 量子医学への途

うつ病などが1日で治るとしたらすごいですねえ。ぜひがんばってください。はやりものより、罵倒されるくらいの研究の方が大魚が得られるんじゃないですかね。期待しております。

コメントありがとうございます。

病気の座、つまり、どこで病気が起きているか、ということは、分子生物学によって分子レベルの現象であることが明らかになっています。分子の異常を制御するには、化学的にではなく物理的に行うならば、症状や病名などに関らず、法則を一つ知るだけで済むでしょう。(遺伝子異常などは除きます)これが私の主張です。

生命現象を物理的に理解するには、抽象的な思考を要するようです。現代医学では、客観性や数値化・画像化、二重盲検法などが求められるが、生きている状態の人間は、思考実験的に解明するしかないでしょう。そのように、論理や方法、適用すべき法則などの違いを理解できない人たちの攻撃は困ったものです。しかし、このように断片的に言ってもだめなので、核心部分も含め理論をまとめて公表しなければならない。なかなか筆が、いや、キーが進まないんですよね。
プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。