スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングランド幻のゴール

このところサッカー観るのに時間を取られてブログを書いていませんでした。
ここから先は試合間隔が空いてくるので、またちょくちょく書いていこうかと思います。
とりあえず、今日はサッカーのネタにお付き合い下さい。

数日がたってしまいましたが、イングランド対ドイツで幻のゴールがありましたね。イングランドのランパード選手のシュートがバーに当たって、地面に落ちて弾んで、再びバーに当たってゴールの外に出てきたやつです。サッカーに興味のない人は何のことか分からないでしょうけど。とりあえず、動画はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=5R516zgRkNg

ビデオを見ると、地面に落ちた時点で完全にゴールラインを超えていましたね。ゴールから出てきても、一度ラインを超えればゴールになりますが、審判はノーゴールと判定しました。明らかなミスジャッジですね。試合結果は4-1でドイツが勝ちましたが、あのシュートがゴールと認められていればあの時点で確か2-2だったはずですから、試合は分からなかったでしょうね。もっとも、私はかつて1年半ほど住んでいたドイツを応援していますから、「ラッキー」ってところなんですけどね。

正確に判定しようとすれば、センサーをうまく使えばできそうですし、単純にビデオ判定を導入するだけでも精度は上がるでしょう。しかし、私としては、あんな風に2回バーに当たって外に出てきたときにゴールである確率はどのくらいなのかってことにちょっと興味があります(普通に考えるとバーに当たって下方向に落ちた時点でバックスピンがかかるはずですから、あんなふうに2回バーに当たったらほとんどの場合ゴールインしていると思いますが。実際どうなんでしょうか。)そのほか、バーやポストに当たったうえでゴールインする確率はどのくらいなのか。ポストに当たって入るかどうかにシュートの威力やボールのスピンがどの程度影響するのか、などなど。

こういうのをネタにして論文書けますかねえ?そりゃ、どう考えても一流誌はありえないでしょうけど、細々と誰も知らない様な学術誌に載るかも。年老いて暇つぶしに自己満足で金かけずにやるには丁度いいかも。ずいぶん先の話ですけど、そういうのも良いかなあと思った、今日この頃です。まあ、サッカーに限らず、世の中いろいろネタが落ちてるだろうし、大真面目な研究の周辺にも地味で細かい(けど意外と重要な)ネタが結構転がってたりしますから。

「つまらなかろうが勝つ。それがドイツサッカー」(ドイツ人:談)

ということで、ドイツに応援の1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。