スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化懐疑論批判に思うこと

今年も実家から「越冬袋掛みかん」が届きました。

一個一個袋に包まれているとても上品なみかんです。我が家ではお坊ちゃまみかんと呼んでおります。

お坊ちゃまだけにとても甘くておすすめです。さて、本題です。

何回か前のエントリーで北極の氷の話を取り上げたあたりから、自分の中で地球温暖化に「あれっ?」と思い始めてまして、いろいろ調べてみると地球温暖化懐疑論なんてものもあるんですねえ。イギリスの公共放送で「地球温暖化詐欺(The Global Warming Swindle)」という衝撃的なタイトルの番組が放映されたそうです(http://www.youtube.com/watch?v=P--pmZpwYEY)。感情論ばっかりの日本のメディアに比べて、科学的ではるかに面白かったですよ。日本でも、別に肯定派でも懐疑派でもいいから、こういうのを放送してくれないかなあと思います。

そうした懐疑派をやっつけようと、「地球温暖化懐疑論批判」なるものが大学や研究所の先生方10人の連名で出されております(http://www.ir3s.u-tokyo.ac.jp/pages/236/all.pdf)。これはこれで面白いですねえ。しかし、全部を読んだわけではないんですが、ちょっと気になるところがあったので取り上げてみます。pp.32-34です。以下、懐疑派側の主張と論拠を引用します。

***********************************************
議論14
二酸化炭素の温室効果による地球温暖化はなく、気温上昇が二酸化炭素濃度上昇の原因である。

証拠1
例えばKeeling et al. (1989)のグラフ(図6)によると、気温の変化は二酸化炭素濃度の変化よりも半年早く現れる。
***********************************************

リンク先の図6を見て頂たいのですが、気温とCO2の濃度がともに時間変化していますが、両者の動きがよく似ています。つまり、気温が高いとCO2濃度も高い、その逆も言えているということです。これを見ると、CO2が増えると気温が高くなるんだと納得したくなるわけです。

しかし、懐疑派の言うには、因果関係が逆だと言うんです。つまり、先に気温が上がってから、CO2が増えている。その逆もしかりと言うんです。いわれてみると、確かにそう見えます。つまり、CO2の増加は気温上昇の原因とは言えず、むしろ気温上昇がCO2増加の要因になっていると主張しています。

それに対する肯定派の反論が本文に書かれております。「気温上昇→CO2増加」説への反論がこれでもかと書かれていて、私のような門外漢は納得するしかありません。しかし、素人の感想としては、この反論をいくらされても物足りないなあと思うんです。

「CO2に温室効果があるのは分かる。でも、人間の出したCO2でそんなに気温が上がるの?」っていうのが知りたいわけです。それを私のような素人に解説するとき、例えば、図6を見せて、「CO2増加→気温上昇」が実際に起こることを示して、その後、「専門家の計算では〇〇年後に△△度気温が上昇すると予想されます」と言われると、「なるほどー」と納得させられるわけです。

しかし、我々素人としては、図6が「CO2増加→気温上昇」を示すものではないとなると、CO2が地球温暖化の主要因である根拠は「専門家が計算したらそうなったから」でしかなくなってしまうんです。完全にブラックボックスなんです。それが問題だと思うんですよ。だから、いくら「気温上昇→CO2増加」説に反論を加えても、納得がいかないんです。別のデータでいいから、「CO2増加→気温上昇」を示すものが欲しいんです。

専門家でない人に説明するのが難しいことがあるのはよく分かります。でも、こういうところを素人に納得出来るようにいかに説明するかがプロとしての腕の見せどころだと思うのですが…。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。