スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビの進化に番組はついてこれるのか?

昨日、弟から携帯のアドレスを変更したと連絡があって、早速登録し、古いアドレスを削除しようとしたら、弟の全データを消去してしまいました。

弟に携帯の番号教えてとメールしたら、「さすがだな(笑)」との返事。兄を馬鹿にしよって…

どうせおいらはアナログマだよ、とすねてみたところで、本題です。

今日は応用物理学会誌、第78巻、第11号(2009)、pp.1021-1028から。以下、タイトルと要旨のみ引用します。

*****************************************
レーザー・LED 技術とディスプレイの今後の展開 -LED からレーザーへ-

山本和久

地球環境問題に対する意識の高まりとともに,LEDを用いたディスプレイの実用化が加速している.その次を担うレーザーを用いたディスプレイ(レーザーディスプレイ)は超低消費電力に加えて,小型・軽量かつ広い色再現性をもつため,さまざまな応用展開が期待されている.本稿は,このような固体照明を用いたディスプレイ,特に次世代の有力候補となりつつあるレーザーディスプレイについて概観する.
*****************************************

半導体の発光素子であるLEDがテレビに使われだして、シャープの「LED AQUOS」なんていうのも盛んにコマーシャルされておりますが、次の時代はレーザーなのだそうです。筆者はテレビの進化を第一世代から第三世代までに分けております。第一世代:ブラウン管や気体光源を用いたもの、第二世代:固体光源を用いたもの、第三世代:点光源のレーザーを用いたもの、ということです。ブラウン管から液晶やプラズマになったのは大きな変化だったように思いますが、どちらも第一世代に入れられています。市場レベルでは現在は第二世代のLEDに入ってきたところで、次の世代が第三世代のレーザーということでしょう。

レーザーは単色の光を発しますから、三原色(赤、緑、青)のレーザーを混ぜあわせて、すべての色を映し出します。レーザーが単色で波長が特定されているため、色再現性が非常によいようです。また、一昔前までは実用的な3色のレーザーを揃えるのが難しかったはずですが、中村修二先生らによって実現した青色の半導体レーザーはどんどん進歩しているようですし、最近では緑色のレーザーの進展も著しいようで、十分なパワーの3色のレーザーを用意できるようになってきたようです。レーザー光を操作してスクリーン上に映し出す技術なども、活発に研究開発がなされているようです。

実は2008年に三菱電機が海外で65インチのレーザーテレビを発売したようで、同一サイズの液晶テレビやプラズマテレビの数分の1の消費電力を達成しているようです。ソニーやパナソニックも試作したようです。このところ日本のテレビメーカーは韓国勢に押され気味のようですが、半導体レーザーは日本が強い領域ですから、ぜひ巻き返しを期待したいところです。

そういえば、私も生まれて初めてもらったボーナスがうれしくて、プラズマテレビを買ってしまいました。しかし、そのあたりから野球中継が激減し、全体的にテレビ番組が面白くなくなってきたように感じます。本当にテレビがつまらなくなったのか、私が年を取ったのか、よく分かりませんが。プラズマテレビで良かったと思うのは、スポーツ中継、旅番組(世界遺産クラスのもの。ぶらり途中下車の旅などは除く。)、テレビゲーム(ウィニングイレブン限定)くらいです。逆に、水曜どうでしょう(ご存じない方はリンク先などを参照)のように、画質が良くなったら面白くなくなるんじゃないかと思える番組もあります。水曜どうでしょう以外の番組には、ぜひ高画質が生かされる質の高い番組作りを期待したいと思います。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。