最重要はスパコンにあらず

スーパーに買い物に行って私がカートを引いていたら、妻が別の人のカートにお肉を入れてしまいました。

常に妻の隣にぴったりと引っ付いていないといけないようです。以後気をつけます。

さて、本題です。

事業仕分けが終わりましたね。後半にはノーベル賞受賞者まで出てきて、科学技術予算の削減に猛烈に抗議しました。マスコミも世論も、わりと議論が盛り上がっていたようです。この話の代表例ともいえるのが次世代スーパーコンピュータの存続に関することだと思います。このブログでも、過去のエントリーでスパコンの事業仕分けでの発言「2位ではだめなのか」について取り上げました(「2位ではだめなのか?」の衝撃)。閣僚の方々にも、スパコンを復活させるという方もいれば、仕分け結果どおりにやるんだという方もいます。いったいどうなるのか、12月半ば位までが勝負なんだと思います。

しかし、私が危惧するのはあまりにもスパコンが注目されすぎていて、仮にスパコンが復活となったとき、他の科学技術予算が削られてもほとんどの人が気づかないんじゃないかということです。個人的な意見ですけど、科学技術予算で最も重要なのは、特に若手の雇用に関する予算(日本学術振興会の特別研究員など)や競争的研究資金(科学研究費補助金など)だと思います。なぜなら、これらは科学技術全般に関わるもので、特に人材の雇用に関わる予算がたとえ1年間でも途絶えてしまうと、その後に甚大な影響を及ぼすと考えられるからです。それに対して、そもそもスパコンの製作自体は応用研究であるうえ、このスパコンに関わる研究者の数は限定的です。乱暴ですけど、どうしてもどちらかを削らなければならないとなったら、断腸の思いでスパコンを切って、その代わり、若手の雇用に関する予算や競争的研究資金を死守せざるを得ないと思います。

若手の雇用に関してですが、よく「ポスドク」とか「任期付き研究員」という言葉が出てきます。どちらも2,3年、長くて5年くらいの任期のついたポジションです。近年の若手研究者は博士課程を修了した後、こうしたポジションに就く人が多いのです。私も四年間やっておりました。こうしたポスドクをいわゆるニートと比較した仕分け人がいたようですが、間違った認識だと思います。例えば大学の研究室ではたいていの場合、正規職員は教授、准教授、助教一人ずつといったところです。教授一人しかいないという場合もよくあります。ところで、人にもよるでしょうけど、教授や准教授が自ら実験をするということは、私の知る限りほとんどありません。じゃあだれが実験するかといったら、ポスドクと大学院の学生なんです。近年日本からの論文数が増加しているようですが、これはポスドクの増加と強く関係していると思います。また、大学院生から見れば、ポスドクは現場の研究者ですから、大学院生の教育にも少なからず貢献していると思います。ですので、現状で無計画にポスドクを激減させてしまったら、ポスドクの方々の生活はもちろんですが、大学などの研究機関にも大打撃でしょう。

実は、こうしたポスドクの任期後のポストがないという大問題が起こっています。「ポスドク問題」などでネット上で検索すればたくさん引っかかると思います。文科省が国策として博士を増やしてきたツケだとよく批判されますが、これは本当に難しい問題だと思います。単純計算ですが、博士全員が教授になるとしたら、大学の教授一人が一生涯で輩出できる博士は一人ということになってしまいます。国の研究所の研究員のポストを含めてもせいぜい2, 3人でしょう。こうなってしまったら、博士課程の学生とポスドクがダブルで激減しますから、それこそ基礎研究は壊滅でしょう。とはいえ、大学や国の研究所にポストを増やす余力が国や私立大学にあるとは思えませんし、ポストを増やし続けなければ結局は解決しないかもしれません。また、企業が採用するのは主に修士課程修了の学生さんたちです。採用される側にしても、3年間学費を払って博士課程を出てから企業に就職するくらいなら、修士卒で就職して給料をもらった方が良かったのにと考えるのは普通でしょう。博士課程に進むことを決めた時点で、大学や国の研究機関に勤める道を選んだと考える学生が大半だと思います。また、ベンチャーの起業は、これから国としても活性化させなければならないことなんでしょうけど、「起業すればいい」で雇用問題が解決するなら、どの国も苦労しないでしょう。

私には解決策は分からないし、ポスドクや大学、および企業の意識変化なども必要で、おそらく即座に解決する方法なんてないでしょう。しかし、現状のシステムを変える必要があるのは間違いないと思いますし、そのときはどこかしらで痛みを伴うのは仕方ないでしょう。しかし、具体的にどう変えるかを決める前に予算だけ減らしたら、悲劇を生むだけだと思います。ぜひ、与党の皆様には長期的なビジョンに基づいて、決して安易な削減に至らないようにお願いしたいと思います。

いろんな人が書いている内容を長々と書いてしまいましたが、
気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

どうも

mixiの原子時計コミュでお世話に(?)なったzackyです。実はこっそり読んでいます。
日本で研究者になるのは本当に難しいですよね。後輩がドクターに行こうとしてますが、本気で応援しにくいところがなんとも…。

Re: どうも

> mixiの原子時計コミュでお世話に(?)なったzackyです。実はこっそり読んでいます。
> 日本で研究者になるのは本当に難しいですよね。後輩がドクターに行こうとしてますが、本気で応援しにくいところがなんとも…。

どうもありがとうございます。
お気持ち分かります。
ただいえるのは、どこの国でも研究者になるのは厳しいです。運の要素も大きいでしょうけど、めげずに頑張ってください。ドクターに行こうとしている方の場合には勧めるべきかどうか、本人次第としか言いようがないですが、すでに行っているのであれば、それはそれで、損しているわけでもないと思います。アカデミックの可能性はあるわけだし、他の道にいってもそれなりには役に立ちそうなものだし、戻ってくるチャンスがあるかもしれないし。ただし、ドクターを取るのはいいとしても、その後アカデミックに見切りをつけたくなったらあっさりと見切ることをお勧めします。
プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード