FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ絶版?

今日は「パーキンソンの法則」(C.N.パーキンソン著、森永晴彦訳)から。

法則といっても、科学の法則ではありません。「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」「組織はどうでもいい物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く」といった、社会の構造に関するようなもので、ウィキペディアに載っています。

物理と関係ないじゃないか、と思いきや、翻訳した森永さんという方は、東大の物理学科の先生だそうです。原子炉物理学の権威ワインベルグ博士が東海村を訪れた後、嵯峨根博士という方に「日本原子力研究所運営に当たりパーキンソンの法則の厄介にならざることを希望しつつ―ワインベルグ」と頭書してこの本を送ってこられたのだそうです。当時日本にほとんどなかったこの本は、欧米ではベストセラーだったそうです。

アマゾンで調べても新品はなかったので、多分絶版なのだろうと思います。ずいぶん時代を感じさせる外観でしたが、読んでみると、実に面白くてうなずけることばかり。現在の日本の諸問題は、1960年ごろには欧米ではすでに常識となっていたこれらの法則が日本であまり知られていないことが原因ではないか、とさえ思ってしまいます。

特に私が面白いと思ったのは、組織を崩壊に導く「劣嫉症」というもので、第3段階まであるそうで、

第1段階:無能力と嫉妬心を併せ持った人物が現れる。
意識的に低いスタンダードが求められる。
トップと競争する気は毛頭ないのです

第2段階:病変した人物が中央組織を把握したときに到来する。
独善的。
うちのチーフは非常にしっかりした男でね、よく知って見るとこれがまた非常に賢明なんですな。彼は多くを語りません。だが、間違いをおかすことはほとんどない

第3段階:治療不可能。焼き払うしかない。
無頓着
掲示板には四年前のコンサートのポスターがはられ放し、ブラウン氏のオフィスにはスミス氏の名札が下がり、・・・

ちなみに、第2段階になると、食堂が劣化するから食堂をみればわかると書いております。責任者の自己満足はめしとごみの区別がつかなくなる程度まで達しているからだと。うちの職場の食堂、このところ明らかに劣化しているのだが、大丈夫だろうか?


気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。