量子物理学の発見 その1 科学は最高の投資先

メタボっぽいので、最近筋トレしつつ、毎日朝晩体重などを計っているわけですが、ある日、朝から晩にかけて1.5 kg増えるという信じられない事態が起こりました。

心当たりは、夕食で食べた陳○一麻婆豆腐店の麻婆豆腐です。確かにカロリーが高そうだったけど、まさかダイレクトにここまで体重が増えるとは・・・
ただ、名誉のために言っておくととても美味しかったです。と言って、埋め合わせておきます。




さて、本題です。
今回からしばらくは「量子物理学の発見 ヒッグス粒子の先までの物語 (レオン・レーダーマン、クリストファー・ヒル 著、 青木薫 訳)」より。ヒッグス粒子などの素粒子物理学に関する最新のトピックスに関する話が書かれているようです。(全部読んでいないのでわかりません。前回の「重力波は歌う」では全部読んでから書いていましたが、読みながら書くことにします。忘れちゃうんで。)

今回は、「第1章 宇宙の始まりを探る旅」より。導入部なわけですが、いきなり予算がつかなかったことへの恨み節から始まります。こういう科学本も珍しいと思います。要するに、アメリカで予定されていた超伝導超大型加速器(SSC)のプロジェクトが1993年に中止になってしまったことの話です。ヒッグス粒子(今日は説明しません)は2013年ごろにスイスとフランスの国境近くにあるCERNという施設で発見されたわけですが、このSSCが実現していればその10年くらい前に発見されていたはずらしいです。それは関係者にしてみれば悔しいでしょうねえ。実験自体が巨大施設で行われるだけに、予算を得るには議会を通らなければならなかったり、それはそれは大変そうです。いくら自分たちが頑張ろうとしても、議会を通らないから打ち切りというのは、悲しくなってきますね。

ポール・ローマーという経済学者曰く、「経済は、科学への投資によって成長する」そうです。これを引用して、科学に投資しろと、熱弁しております。「科学への投資が大きければ大きいほど、配当金は高くなる」「投資先は多様なほうがいい。みんなに仕事と豊かさをもたらす大きな経済の動きを生み出したければ、基礎科学に投資しなければならない」「投資に対する見返りには、ほとんど際限がない。そればかりか、これほどうまい投資先はほかにないと言ってよい。」等々。そして、CERNで生み出されたウェブ・システムを例に出して、基礎科学への投資の重要性を強調しております。

アメリカというと、我々からすると羨ましいくらいに科学技術予算が潤沢にあるようにイメージするのですが、結構ビッグプロジェクトが潰されているらしいです。もうアメリカはダメだ。これから経済を成長させられるのはヨーロッパ、中国、インドなどだろう、と述べられております。単純に科学技術予算でわかるのか?と思いますが、単純にそれで分かるそうで、少なくとも物理学の研究者にとっては分かりきったことだそうです。私はそこまでは分かっておりませんでした。修行が足りないようです。

とりあえず、「それが何の役に立つのですか?」とか、プロジェクトの計画段階で経済的な見返りがあることを示せとか、少なくとも日本では問われることが多いですが、やめてほしいものです。そして、やめてくれと自信を持って言っていいんだと思わせてくれるような、本書の書きっぷりでありました。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ



スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード