スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重力波は歌う その6

稀勢の里おめでとう。
今までここ一番で勝ったのを見たことなかったように思うのですが、今回は・・・
今回はここ一番が来る前に白鵬がコケて優勝が決まっちゃったような・・・
いや、何だっていいんです、優勝すれば。
私はいつもそうやっています。

幕内優勝級の成果なんてないくせに、と言われたら返す言葉もないですが、本題です。
今日は「重力波は歌う」(ジャンナ・レヴィン著、田沢恭子・松井信彦訳、早川書房)の第6, 7章より。

重力波の話はとりあえず置いといて、ワイスさんのセリフを。(第6章)
「・・・アイデアを出すことと実際に手をつけることは大違いですから。別物なんです。若い人たちがアイデアを思い付き、どこかで発表して、自分のものにしたあと、その実現のために自分では指一本動かさないのを目にすると本当に腹立たしくなります。彼らは苦労して最後まで見届けたわけではありません。称えられるべきは、そして発表すべきは、そのアイデアを実現させた人たちですよ。」

科学的な何かを実現した時、その原理を考え出した人が偉いのか?それを実現した人が偉いのか?もちろん両方やったら文句なしですが。

なんとなくですが、「原理を考えた人が偉い」派の人の方が多い気がします。「実現した人」は、すでに考えられていた原理をそのままやっただけ、みたいな。特許のような知的財産の考え方からすると、「原理を考えた人が偉い」になるんでしょうね。でも、私はケースにもよりますが、7:3くらいで「実現した人が偉い」派なんです。それほど論理も信念もあるわけではなく、なんかそう思うといったところですけど。ワイスさんははっきりと「実現した人が偉い」派で、これほど確固として言ってくれると、「俺そんなに間違ってないよな」と思えます。

なんで私が「実現した人が偉い」派なのかと考えてみると、何か重大なものが実現されてから、何か過去にチョロっと書いたのを持ち出して「あれを最初に考え付いたのは私だ」みたいに主張する人がいかにもいそうだからでしょう。それを言うなら何かしら実現のための努力をしろよ、と言いたくなります。

さて、話は第7章ですが、通常の実験室レベルでは重力波検出は無理、とワイスさんは結論付け、ソーンさんやドレーヴァーさんとともに7000万ドルの巨大プロジェクトを立ち上げる方向に進みます。実験屋のワイスさんもドレーヴァーさんも巨大プロジェクトにはしたくなかったようです。科学技術というより、事務手続きとか組織づくりとか、煩わしいことが増えるでしょうし。7000万ドル分の経費内訳を積み上げるとか、議会を通すとか、いかにも面倒そうなのは想像できます。そして、この本を読む限り、このお二方は純粋に科学好きで、キャラ的に違うように思います。

ともあれ、マサチューセッツ工科大のワイスさんと、カルフォルニア工科大学のソーンさんとドレーヴァーさんのトロイカ体制がスタートすることになります。しかし、「船頭多くして船山に登る」はアメリカでも当てはまるようなのです。その辺はまた後日。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

重力波は歌う [ ジャンナ・レヴィン ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/8時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

重力波・ブラックホール [ 日経サイエンス編集部 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/1/8時点)



スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。