スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すそ野が大事

フットサルの試合のこと。相手ボールのコーナーキックで私がマークしていたのはどうやら審判だったらしく、一点取られてしまいました。

こんな私ですが許してください。

さて、本題です。


ウィキペディアの充実ぶりを調べると、その分野のすそ野の広さが概ね分かるんじゃないかと思っております。もちろん、誰が書いているのかわからないし、責任の所在も分かりませんから、ウィキペディアに載っていることを論拠にするということはあり得ないのですが(そういえば、某大学でポスドクをしていたときに、「実験レポートの参考文献にウィキペディアを載せる学生がいる」と嘆いていた人がいたのを思い出します)、タダな上にインターネットが使えればすぐにアクセスできてとにかく便利ですから、私もよく見ます。書き込める人が多くいて、それを読んで喜ぶ人がたくさんいるような環境だと、中身が充実するんじゃないかと思うわけです。実際、日本語版のマンガに関する記事は非常に充実していて、例えばキャプテン翼のキャラクター紹介の細かさには驚かされます。

私は日本語ネイティブですから、当然日本語版にアクセスするわけですが、物理周辺の分野に関して言えば英語版の充実ぶりがすごいなあと、最近思っております。例えば、最近よく話題になる「ニュートリノ」という用語に関して日本語版英語版を比較すると、日本語版もかなりの力作ですが、英語版には驚かされます。冒頭の部分以外は全体を眺めた程度なので内容については何もコメントできませんけど(問題は多々あるのかもしれませんけど)、これだけ章立てしてこれだけの分量になっているのを見るだけでも充実ぶりが伝わってきます。もちろん英語の場合だとネイティブ以外の人でも書き込む人が多いでしょうから、他の言語に比べて充実しやすい環境なのでしょうけど、やはりアメリカ、イギリスの科学技術におけるすそ野の広さ(代表クラスの人だけじゃなく全体的に強いということ)が現れているんじゃないかと思うのです。

すそ野の広さに関係していると思いますが、研究開発現場における機器は海外製品、特にアメリカ企業の製品が多いです。研究機器はもちろん技術的には最先端であることが多いですがマーケットが小さいので、ソニーやパナソニックやアップルといった巨大企業が作っているものはそれほどありません。私が使っている機材で例を数社挙げるなら、アメリカならアジレントニューポートナショナルインスツルメンツ、日本なら浜松ホトニクスシグマ光機R&Kといったところです。たいていの人にはピンとこないでしょうが、これでもかなり大きい方で、もっとずっと小さい会社もたくさんあるんです。日本の会社は概ね質の良い製品を作りますが、必要なものを全て取り揃えようとすると海外製品に頼らざるを得ないというのが実情だと思います。アップルでもマイクロソフトでもインテルでもない企業にも優秀な技術者が行き渡っているのだろうと思うと、アメリカの科学技術のすそ野の広さを感じてしまうのです。

最近の日本の電機メーカーの不振を背景に、「なぜ日本の電機メーカーはiphoneを作れなかったのか」という趣旨の記事をよく目にしますが、大企業ばかりを見ていると見落とす部分もあるんじゃないかと思います。(もっとも私は経営戦略に関してど素人なので、深いことを突っ込まれると答えようが無いですが、思ったことを書いてみました。)

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。