大チョンボと呼ばないで

排水管のヌメリ取りの説明に、ヌメリ取りを排水口に入れたあとにコップ1杯分のぬるま湯を入れろと書いてあったので、温水の蛇口をひねってお湯が出るのを待っていたら、全部流れてしまいました。

相変わらずの抜けっぷりが私らしいと思いつつ、本題です。


今日は、ニュースから。http://www.cnn.co.jp/fringe/30005722.html
以下引用します。

***********************
超光速ニュートリノ、装置に欠陥判明 実験結果に疑問浮上

(CNN) スイスにある欧州合同原子核研究機関(CERN)の国際共同研究グループOPERAが昨年、素粒子ニュートリノが光より速く飛んだとする実験結果を公表し、科学界に衝撃を与えた問題で、CERNは25日までに時間計測に使った光ファイバーケーブルに緩みがあったなどの欠陥が見付かったと発表した。

実験結果が間違っていた可能性を示す装置の不具合の確認となっている。CERNは、この緩みが実験結果にどう影響を与えたのかを検証する実験を今年5月に実施する。

緩みが見付かったのは、ニュートリノの速さを厳密に計測するために必要な全地球測位システム(GPS)とコンピューターを接続する光ファイバーケーブルの部分。ケーブルは外部のGPSのシグナル作動とOPERAの基本時計を同時に動かすためのものだが、CERNは緩みの影響で時間計測が正確に出来ず、ニュートリノの速さを過大評価した可能性があるとしている。
・・・・
***************************

世紀の大発見は世紀の大チョンボだったのか?と思えてしまいますが、まあこんなもんです、特に精密測定というのは。あくまで私の経験上ですが、どんなにアイデアあふれるエレガントな手法を用いようと、最終的にはこういう地味なところが効いてくるんです。大きな装置を動かすのはチェック項目が大量にあるし、そもそもチェック項目をくまなく挙げることが大変なことです。

たいていのニュースや論文を読むと、いいアイデアを思いついてやってみたら良い結果が出た、というストーリーになっていますが、実際には裏で地味な仕事を積み重ねています。そういうのは部外者が読んでも何も面白くないので、あえて苦労を表に出さないようにするものです。実際、大学院入りたて位のころは、大半の時間をつぎ込んで苦労してきた話を研究発表で長々と説明したくなるものですが、退屈になるのでやめなさいと指導された記憶があります。この光ファイバーの緩みの話はニュートリノも相対性理論も関係ない低レベルの話ということになるのでしょうが、生々しい現場感があって個人的には好感が持てます。

細かい状況はよくわからないのですが、実験がうまくいかない理由を挙げ出したらキリがないのが普通なので、装置を入念に確認してみてこの位しか不具合が見つからなかったというのは、私は上出来だと思います。この実験で厄介なのは、単純にニュートリノの速度を測る実験だということです。「これが出来たら大発見」的なものなら、出来てしまえば後で多少の装置の不具合が見つかっても、「出来たんだから、この不具合はほとんど効かないってことでしょ」ということで丸く収まります。(しかし、うまくいかないと何もかもが疑わしくなる、という大変さはありますが。)その一方で、この実験に関しては、「出来たんだから正しい」とは全く言えないのです。やはり、複数の独立した実験設備で検証する必要があるのでしょう。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード