日本は少し広くなったのか

昨日の朝、なぜか水が出なくなりました。

どの蛇口をひねっても出てこない。これは困った。トイレもか、と思って流してみたら流れたのでちょっとホッとしたところ、

「なに貴重な水流してるの!」と妻に怒られました。

・・・そうだ、トイレの水はタンクに溜まっているんだった・・・


この抜けっぷりが私らしいと思いつつ、本題です。

今日は、国土地理院の資料から。
大震災でどのくらい地殻が動いたのかがわかります。
水平方向 http://www.gsi.go.jp/common/000059672.pdf
上下方向 http://www.gsi.go.jp/common/000059674.pdf

これって、普通に知られているんでしたっけ?私は場所が動いたことはニュースか何かでなんとなく知っていますが、まじまじと図を見たことはなかったです。特に上下方向は見たことなかったような・・。もし、よく知られたことだったらすみません。

最も動いた所で、東に5m30cm, 下に1m20cmも動いたんですねえ。もっとも、数百年かけて少しずつ動いてきたものが元に戻ったというのが正しいのかもしれません。

これだけ多くの地点で精密に位置の変化を観測できたのはGPSのおかげなのだと思うので、これだけはっきりとしたデータが取れたのは、GPS普及後である今回が初めてなのではないかと思います。地震や防災を研究する上でも、重要なデータなのでしょう。GPSは偉大ですね。それと、平常時から場所がどのくらい動いているのかを地道に観測してきた方々に感謝しましょう。

ちなみに、カーナビや携帯などでGPSを使うと、さもそれら電子機器が凄いかのように感じてしまいますが(もちろん電子機器も凄いのですけど)、超精密な原子時計を載せた人工衛星を使って測位システムとしてGPSを運用しているのはアメリカ海軍です。決して電子機器の小さな箱の中で全ての機能が完結しているわけではありません。GPSを運用すべく、何台もの原子時計をシステムとして扱って、世界トップの精密さで時刻を刻むお仕事をする部署がアメリカ海軍天文台という所にあることは意外と知られていないんじゃないでしょうか。GPSを使うときは、アメリカの凄さも少し感じておきましょう。

みんなご存知かもしれないお話を元に、あまり知られていないであろう話になんとか展開して見ましたが、
気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード