音の力

日本シリーズを見ていて思うのは、横浜ベイスターズ出身の選手が多いこと。

内川、多村、谷繁、小池。この人達が横浜にいたら今のような成績はないだろうなあ。
もちろん、残留させるのは簡単ではないけれども。

弱いとさらに選手がいなくなる。デフレスパイラルみたいなもんでしょうか。

失ったものは大きいと思いつつ、本題です。


今日は、パリティ、Vol.26 2011-11, p. 47, ニュースダイジェストより「音による物体の浮遊」から。

音圧によってミリメートルほどの大きさの物体を重力に逆らって浮かせておくことができるそうです。

音で力を与えられるというのは大げさでありえそうもない気がしてしまいますが、音を出すのだってエネルギーが必要なわけだから、やはり力は生じるのです。声の大きい人には圧倒されてしまいそうになりますが、物理的にも根拠があるということになるのでしょうか。

音圧で浮遊している物体のそばに横からピンセットを差し込むと、圧力のひずみによって物体を押しやることができ、浮遊装置は部品供給装置としても利用できる、と書いてあります。浮遊しているものを触らずに動かせるとなると、面白いですし、利用方法もあるのでしょうね。

超音波のような人間の耳に聞こえない音を使うと、傍から見ている人からするとなんだかよく分からないけど物体が浮き上がって、触らなくても物体が動いたりするのでしょうか?魔法のように見えるかもしれません。

担当の研究者の方には今頃Mr. マリックさんあたりから問い合わせが来ているかもしれません。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード