スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会って何だろう?

ロンドンで、お釣りが間違っていることが2回ありました。

例えば43ポンドを20ポンド札3枚で払ったとき、7ポンドしか返ってこないとか。

単なる間違えのような気もしますが、お釣りを出した直後にさっと引っこんでしまったり、他の作業を始めたりしました。そして、言うとあっさり認めるところが逆に怪しい。。。


まあ考えすぎということにして、本題です。

今日は発表されていることを知らなかった「34学会会長声明」について。
http://www.jsap.or.jp/headline/20110427_34gakkai_seimei.pdf

私はこのような声明が出されてもほとんど読むことはないし、存在にすら気付かないことも多いですが、今回に関してはネットサーフィンしていたら引っ掛かりました。やはり、3.の「国内および国際的な風評被害をなくすため、海外学会とも協力して正確な情報を発信します」っていうのが気になります。

読むと34学会に所属する44万会員が合意しているとはどこにも書いていませんが、合意しているように受け取れます。ただならぬ人が書いたんだろうなあと推測されます。実際私は34学会に含まれる応用物理学会と日本物理学会に所属していますが、この声明は数日前に初めて知りました。

一部の海外マスメディアの不正確な情報のせいで風評被害が広まっているから、それを我々が食い止めるんだ、と書いてありますが、私には何が不正確なのかがよくわかりません。今日本にいないだけに、日本でどのような情報が流れているかを知らないからでしょうが。原発に関しては、核反応などの物理の話でも専門外なうえ、機械、気象、生物、医学など、非常に広い領域をカバーしなければなりませんから、私もマスメディアやネットなどを通じて学習するしかないのです。おそらくこういった声明を出したからには、具体的に何が不正確なのかを示して、間違った情報を流した担当者の首根っこを捕まえて説き伏せてくれるのでしょう。単に情報発信のキャンペーンを張るんじゃなくて、そこまでやってもらわないと、今の危機的状況では納得してくれる人は少ないんじゃないですかね。

それから、「学会って何だろう」と、今更のように考えさせられます。私がなぜ学会に入ったかといえば、会員にならないと学術講演会で発表できないからで、正直それ以上の理由はありません。学術の発展のために専門家同士が意見交換する必要があって、そのために学会というコミュニティーが組織されて、会員が年間約1万円ずつ出し合っている、というものだと思っていましたが。一致団結して風評被害を食い止める団体だとは思いもしませんでした。しかし、同じ学会に属していても大多数の会員とは話をすることもないのに、同じ意見を共有するということがあるとは思えません。

スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。