超微小物体の影

もうこのブログは書かないつもりでいましたが、ホームページ自体は残っているし、別に鉄の意志を持って書かないと決めなければいけないわけでもないので、気が向いてきたときに書いてみようかと思います。

サッカーのユーロも終わったことだし。ドイツ負けたけど。

やめるやめる詐欺と言わずに、暖かく見守っていただけると嬉しいです。


さて本題です。

今物理のホットな話題というと、一般のニュースでも取り上げられたヒッグス粒子観測に関することでしょうが、私にはこれで話題を広げられるような知識も情報も持ち合わせていないので、あくまで個人的に面白いと思ったナショナルジオグラフィックのこの記事から。
http://topics.jp.msn.com/life/environment/article.aspx?articleid=1191655
以下、少しだけ引用します。

*********************
単一原子の影の撮影に初めて成功
1つの原子の影が世界で初めて撮影された。可視光で撮影された史上最も小さな対象だ。この画像化技術には、遺伝子研究や暗号化技術など、幅広い応用の可能性があるという。
最先端の画像化技術を追求する研究者たちが用いたのは、イッテルビウム(原子番号70の元素)の荷電原子、つまりイオンを真空の電場の中で浮かせ、レーザービームを当てるという方法だった。ビームの太さは原子の大きさの1000倍ほどある。
 イッテルビウム原子は、レーザー光のごく一部を吸収するため、背景に影ができた。その影を顕微鏡のレンズで拡大し、デジタルカメラセンサーで記録した。
・・・
*************

単一の原子の影が観測された、という話です。原子の共鳴周波数に同調する光を原子は吸収しますから、そりゃ裏側に影ができるよな、とは思います。しかし、光には回折と言う、回り込む性質がありますから、光の波長よりもはるかに小さい原子の裏側の影はすぐに消えてしまうようにも思えます。どんな形の影ができるのか、想像するのが難しいですが、リンク先の写真のような、真ん中の濃い影のまわりにリング状の影ができるんですねえ。

原子というのは共鳴周波数にチューンされた光のみを吸収する一方、共鳴周波数から外れた光は吸収しないという不思議な性質を持っています。その一方で、共鳴周波数付近で光の周波数を変えると急激に屈折率が変化するという、これまた不思議な性質があります(「屈折率」という言葉は不正確だと思いますが、お許しを)。屈折率の変化は、「影の形」に現れるはずです。単に吸収量を測るのではなく、影の形を観測するというのは、光と原子の間の相互作用を深く知る上で重要になってくるかもしれません。

もちろん、これは原子以外の微小な物にも言えることです。リンク先にも書いてあるように、生きている細胞のDNAの研究などに進展したら、とても面白いですね。

次の更新はいつになるか分からないですが、あしからず。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード