スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでもんじゅは続行なの?

先日、シュノーケル用のフィンをはこうとしたら、人生初のぎっくり腰をやってしまいました。

しかも海外で。

幸い軽くて、荷物を引いて歩いて帰ってこれましたが、突然のことなので、恐ろしいものです。

最近は「ぎっくり腰にならないように」と言いながら、ゆっくりと起き上がることにしています。


では、本題です。

今日は、産経の記事から。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110825-00000017-san-l18
以下、引用です。

*******************
もんじゅ 復旧作業の着手了承 原子力機構 福井

■検討委“お墨付き”

日本原子力研究開発機構は24日、敦賀市内で外部有識者による検討委員会の第4回会合を開き、高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)で6月末に実施した炉内中継装置の引き抜き作業や分解点検結果などを報告した。野口茂雄・敦賀本部長代理が冒頭で「来週にも復旧作業に着手したい」と述べ、会合後、委員会は、復旧作業の着手について了承した。
原子力機構は、中継装置内を通る燃料交換用の台座を回す軸の接合部分のピン1本(直径12ミリ、長さ8センチ)が断裂していたことをあげ、「断面は押しつぶされた状態で破片が生じた痕跡は認められなかった」と説明した。
また原子炉容器の底にある中継装置の筒型台座「下部ガイド」について「装置の傷などを比較して、装置落下時に接触して損傷があったとは考えられない」と報告した。このほか、装置の部品すべてが回収できたことや上ぶたの一部の再利用などの解説を行った。
福井大付属国際原子力工学研究所長の竹田敏一所長は「引き抜き作業では要望内容を着実に反映できている。今後の復旧作業も時間をかけて確実に実施してほしい」と話し、委員会は作業の着手に“お墨付き”を与えた。
***********************

どうも解せない。

動かせば電力を供給してくれる原発が停止されたり再稼働できなかったりしているのに、なぜ動かしても電力を家庭等に供給するわけでもなく、しかもまだ実験段階のもんじゅを再開するのだろう?

危険性から言ったら、普通の原発(軽水炉)よりもんじゅ(高速増殖炉)の方が高いはずなのに。

もっとも、この記事には「復旧作業の着手を了承」と書いてあるわけで、再稼働するとまでは書いていませんけど。しかし、復旧と言ったら、普通は動かすということですよね。いかにも偉い人たちの言いまわしな気がします。

「炉内中継装置の引き上げ作業」は知らない人も多いはずなので、この記事を読んでも何のことやらよく分からない人が多いと思います。簡単に言えば、約1年前に炉の中に装置を落っことして、抜けなくなってしまったのです。それを今年の6月に引き上げることに成功したのです。

落とした当時は「もんじゅ生殺し死亡宣言」のようなことをいう人もいて、絶望的なのかと思いましたけど、無事に引き抜けたようで良かったです。現場の技術者の努力の結果なのでしょう。しかし、

「落とすなよ」

ぐらいは言わせてもらいたいです。

また、記事を読む限り、引き抜いた装置を観察しただけで炉の中に異物も損傷もないと結論付けているように思えます。炉の中はちゃんと調べたのでしょうか?炉の中は不透明なナトリウムで満たされているらしいですが。

再稼働させて重大な事故でも起きたら、中国の鉄道事故に何も言える筋合いはないでしょう。

そんなメンツみたいなのはどうでもいいか・・・

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。