スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究倫理について思うこと

今日は、今更のようですがSTAP細胞絡みで最近やたらと話題になる研究不正について思うこと。

STAP細胞そのものや、小保方さんをはじめとする理研の関係者の将来がどうあって欲しいとか、そういうのを話題にするつもりはありません。一連の出来事の中で、科学について言われていることについて気になったことを。あくまで私見です。

1.「第三者による追試がないと認められない」
特に私の周辺分野の場合、大抵の研究は、関係者(例えばその研究を引き継いだ人とか)によって再現されていれば良い方で、第三者によって追試された実験はそれほどないはず。専用の実験装置を組み上げるところから始まるから、そもそも同じことができる実験装置が他にないことの方が多い。バイオの分野だと、設備自体は似通っていて、第三者による追試が頻繁に行われるのかもしれないが。それにしても、論文として成立させるには新規性が重要とされているから、「○○の論文に書いてあるとおりにやったら、その通りの結果が出ました」なんていう論文が出てくることは滅多にない。
この文言が独り歩きして、「第三者に追試されていない実験に意味はない」とか、逆に「第三者による追試が成功したから、絶対に正しい」とか、そういうのはおかしいと思う。そもそも科学は、絶対に正しいことが証明されるからではなく、反証の余地が常に残っているから、高い信ぴょう性を確保しているのだと思う。

2.「科学の世界では・・・が常識である。」等々
全ての研究者が守らなければいけないルールが代表者を集めて議決されたという話を聞いたことがないし、おそらく無理だろう。科学技術の研究者というのは、 納得のいかないルールに従わされることを最も嫌う人々だと思うし。
「無茶苦茶なデータ処理をする人は信用できないよ、だって根拠が希薄だもん。」基本的にはそういうことだと思うのだが。

3.「Natureに載っている」
NatureやScienceは皆が掲載を羨む超一流誌であることは間違いない。でも、当然審査も厳しくて、掲載されるためには、インパクトの強さと、裏付けとなる完璧に近いデータが求められる。そんなデータはそうそう出るはずがない。「何としてもNatureに」と思えば、データ改ざんの誘惑も起こるだろう。審査が厳しすぎると、逆に不正が起きやすいという、皮肉な結果を生むのだろう。
過去の常識を覆すような成果だと、査読者もおいそれと認められないし、完璧なデータを出すのも難しいはずだから、NatureやScienceに受理されづらい場合もある。実際、ノーベル賞級の成果がもっと格下の雑誌に掲載された例は多くある。
しかし最近は「どの雑誌に何本載ったか」が個人の評価に使われることが多いから厄介だ。そういう無機質な評価は客観的ではあるのだろうけど、自らには研究を評価する能力がないことを認めてしまっているようにも思える。問題の根っこはここら辺にある気がする。

4.「日本の科学研究の信用を揺るがす」等々
言い過ぎでは。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

重力波・ブラックホール [ 日経サイエンス編集部 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/12/17時点)



スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

どうもありがとうございました(ブログ終了のお知らせ)

このブログが始まって2年半、書いたエントリーは129個ですか。結構たまったものです。読んでいただいた皆様のおかげです。

しかし、正直言ってそろそろ更新するのもしんどくなって来ました。

なにしろ、ネタが小難しいですから。まず元の記事を読み、それを短い文章でかつ分かるように要約して、さらに自分の感想を付けていくという作業は、気分が乗ってこないと趣味でやるにはなかなかしんどいものがあります。元記事を読んでみたら面白くなかった、面白いけど難しすぎてどうブログに書いていいか分からない、強引に書くと無理矢理感か漂う、などなど、私にはなかなか難しいものがあります。書いていて、だんだん楽しくなくなって、続けることが目的のような感じになってきてしまったというのが、率直なところです。

止めるのももったいない気もしますが、筆を置くことにしました。これまで読んで下さった方々には、駄文に付き合っていただきありがとうございました。読者の方々はどういう感想を持っているか分かりませんが、とりあえず自分的には勉強になることもあったと思います。サイエンス・ライターも楽じゃないことが分かった、とか。

次やるとすれば、自分にとって書きやすくて楽しめるようなものが良いかと思いますが、なかなか仕事のことを書く気もしませんし、私の日常を書いてもさほど面白く無いし、難しいところです。何かアイデアが浮かんだら、また他のブログを始めるかもしれません。

これまで、1万1千カウントを超えるアクセスを頂きました。ご愛顧ありがとうございました。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

一万円札に納得

最近更新をサボっておりました。

特に理由があるわけではありませんが、書こうと思ったら予定が入った、日本シリーズを見ていたetcといったところです。

なかなか続けるというのは難しいものですが、腰は重いがやり始めると止まらないという私の性格をたよりに細々と続けてみようかと思います。


さて、本題です。

今日は久々なのに申し訳ないですが、物理とは関係のない話を。
「現代語訳 学問のすすめ」(福澤諭吉 著、齋藤孝 訳)より。

今の今まで読んだことがありませんでした。
有名な「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」で始まるだけに、綺麗事が並べられているんだろうと思っておりました。しかし、中身はむしろその逆で、明治初期の日本を発展させ独立を維持するためにどうすべきかということが、かなり率直に論じられている印象を受けました。

その中に、学者について書かれている箇所があって、なかなか興味深かったです。「世の中の学者はたいてい腰抜けだけども、どんな難解な文章でも困る者はないので、文章を難しくしました。」などと、わりと挑発的な書き方も含まれています。以下、引用します。

*****************
第5編 国をリードする人材とは

学問をやる者の使命

いま我が国において、「中産階級」にいて、文明を率先して唱えて国の独立を維持すべき者としては、唯一学者たちがあるだけだが、この学者というものが、時勢についてちゃんとした眼を持っていないためか、あるいは、国を憂えるのが自分の身を心配するほど切実でないためか、あるいは世間の気風に染まって、ひたすら政府に頼って事を成そうと考えているのか、みなおおむね、その地位にいることに満足せず、官になり、瑣末な事務に奔走して、むだに心身を疲れさせている。とてもバカバカしいことに思えるが、自分たちはそれで満足しているし、まわりもまたそれを不審に思わない。
・・・
そもそも、勇気というものは、ただ読書して得られるものではない。読書は学問の技術であって、学問は物事をなすための技術にすぎない。実地で事に当たる経験を持たなければ、勇気は決して生まれない。
 わが慶應義塾で、すでに技術としての学問をマスターしたものは、貧乏や苦労に耐えて、そこで得たものを実際の文明の事業で実行しなければならない。実行すべき分野は数えきれない。商売にはつとめなくてはならない。法律は論じなければならない。工業は興さなければならない。農業は勧めなければならない。著述、翻訳、新聞の発行、およそ、文明の事業は、ことごとく我が手に収めて、国民の先を行き、政府と助け合い、官の力と民間の力のバランスを取り、一国全体の力を増す。この力の薄弱な独立を、不動の基礎を持った独立へと移し変え、外国と争っても少しも譲ることはない。
・・・
********************

ここでいう「学者」というのが当時と今とは違うようにも思えますが、今でも科学者になろうとしたら、国立大学や独法の研究所が第一候補に挙がるだろうし、実際瑣末な事務仕事も多いですから、今と当てはめてもそんなに違和感はないでしょう。引用したのはごく一部ですが、第4編と第5編を読むと、最近よく出てくるイノベーションやら何やらの意義が分かるような気がします。現在のお偉方が論じるより、明治初期に書かれた文章を読んだ方がすんなり理解できる気がするから不思議です。

一貫して言えるのは、著者が学者に少なからず期待しているということです。「どうせ役に立たないんだからやめてしまえ」と言っているわけではないんです。だから、一応学者だと思っている私が読んでいても悪い気がしないし、それでいて結構グサッとくるような思い当たる節もあるのです。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

紙をまるめて最先端

午前中にフットサルをしに行って、家に帰ってシャワーを浴び、使った服などを洗濯機にかけ、満を持して作り置きしたカレーを食べようとしたら、カビだらけでした。

湿度恐るべし。

ショックに打ちひしがれつつ、本題です。


今日はPhysics TodayのPhysics Updateから、”What’s inside a crumple ball?” (くしゃくしゃのボールの中はどうなっているの?)から。
http://www.physicstoday.org/daily_edition/physics_update/what_s_inside_a_crumpled_ball

題名の通り、くしゃくしゃに丸めた紙の中がどうなっているのかを調べたというお話です。夏休みの自由研究のようなテーマに見えますが、X線CTで中の状態を観測するなど、やっていることはかなり本格的です。リンク先に掲載されている画像は、何枚かの紙をくしゃくしゃにまるめたものを輪切りにした図だそうです。個々の紙は非対称にくしゃくしゃになっているのに、質量や方位(?)や曲率はほぼ完ぺきに一様で等方的なのだそうです。さらに、今回はくしゃくしゃになった後の紙を調べたけれども、今後はくしゃくしゃになる過程を調べてみたいと思っていて、光を用いた手法で画像化しようと考えているそうです。

「それが何の役に立つのですか?」とは、一般の方が科学技術の研究に対してきまって投げかける素朴な質問で、実は研究者にとっては返答に困る場合もあるのですが、そんな研究者のはしくれの私ですら「何の役に立つのですか?」と聞いてみたくなってしまいます。また、業界人としては、どうやって研究費を獲得しているのだろうと下世話なことを考えてしまいます。でも、きっとやっている本人に聞いたら、くしゃくしゃ紙のウンチクをいやというほど語ってくれるのでしょう。

もし、これを読んで下さった人の子供が、夏休みの自由研究などでくしゃくしゃに丸めた紙がどうなっているかを調べるんだと言い出すような偶然があったとしたら、「そんなんじゃなくて、もっと他にないの?」と言わないで、やらせてあげましょう。ものすごいセンスの持ち主かもしれません。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

早く帰ろう

ハロッズ(ロンドンのデパート)で、”Where is Burberry?”と尋ねたら、床屋に連れて行かれそうになりました。

英語の発音が悪いのか?こいつにバーバリーはねえだろうと思われたのか?

どちらにしろ、わたしには相応しくないようです。


さて、本題です。

早いもので4カ月に渡ったイギリス滞在も明日で終わり。名残惜しいですなあ。

さて、仕事に関してイギリスと日本で何が一番違うかというと、やはり労働時間でしょう。私は多分運が良くて、大学院生時代から数か所のポスドクに現職まで含めて、ひどい長時間労働を強要されたことがなく(ボスや上司に感謝です)、日本の研究者としてはかなり労働時間が短い方だと思います。そんな私が見ても、この研究所帰るの早いなあと思うわけです。実際、5時過ぎたあたりから人がいなくなっていくし、9時くらいまで実験して帰ろうとしたら廊下は真っ暗で門は閉まってるし。金曜日はもっと帰宅が早く、さらに言えば金曜日を休みにできるオプションまであるそうです。

別に仕事が暇なわけではないのです。きっと、そういうやり方が染みついているというか、スタンダードになっているのです。具体的には、

1.無駄なデータを取らない。

たいていの場合は測定開始までにかなりの労力を割きますから、データが取れ出すと、いろんな条件を変えて大量のデータを取っておきたくなります。必要になるかもしれないし、後になってあのときデータを取っておけばよかったと後悔したくないと思うわけです。しかし、少なくとも私がついた研究者は違っていて、使う可能性の低いデータは無駄。後で必要になるかもしれなくても、それに費やす時間が無駄だと考えるようです。私もそういう所に労力をつぎ込むくらいなら家に帰った方が良いとは思うですが、より徹底していると思います。

2.勤務時間内にできないなら、それは「時間がない」ということ

日本的に考えれば、ちょっと残業すればこっちの仕事も平行してできるじゃないかと思えることでも、「時間がない」「マンパワーがない」と堂々と言います。そして、それで周りが納得します。「おまえいつも5時で帰ってるじゃないか」なんて、言いそうな雰囲気がありません。

3.明日できることは明日やる

私のモットーのような言葉ですが、ここの人たちには負ける気がする(勝ち負けの問題か?)。やっぱり私も生粋のジャパニーズだからなあ。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。