FC2ブログ

なぜ絶版?

今日は「パーキンソンの法則」(C.N.パーキンソン著、森永晴彦訳)から。

法則といっても、科学の法則ではありません。「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」「組織はどうでもいい物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く」といった、社会の構造に関するようなもので、ウィキペディアに載っています。

物理と関係ないじゃないか、と思いきや、翻訳した森永さんという方は、東大の物理学科の先生だそうです。原子炉物理学の権威ワインベルグ博士が東海村を訪れた後、嵯峨根博士という方に「日本原子力研究所運営に当たりパーキンソンの法則の厄介にならざることを希望しつつ―ワインベルグ」と頭書してこの本を送ってこられたのだそうです。当時日本にほとんどなかったこの本は、欧米ではベストセラーだったそうです。

アマゾンで調べても新品はなかったので、多分絶版なのだろうと思います。ずいぶん時代を感じさせる外観でしたが、読んでみると、実に面白くてうなずけることばかり。現在の日本の諸問題は、1960年ごろには欧米ではすでに常識となっていたこれらの法則が日本であまり知られていないことが原因ではないか、とさえ思ってしまいます。

特に私が面白いと思ったのは、組織を崩壊に導く「劣嫉症」というもので、第3段階まであるそうで、

第1段階:無能力と嫉妬心を併せ持った人物が現れる。
意識的に低いスタンダードが求められる。
トップと競争する気は毛頭ないのです

第2段階:病変した人物が中央組織を把握したときに到来する。
独善的。
うちのチーフは非常にしっかりした男でね、よく知って見るとこれがまた非常に賢明なんですな。彼は多くを語りません。だが、間違いをおかすことはほとんどない

第3段階:治療不可能。焼き払うしかない。
無頓着
掲示板には四年前のコンサートのポスターがはられ放し、ブラウン氏のオフィスにはスミス氏の名札が下がり、・・・

ちなみに、第2段階になると、食堂が劣化するから食堂をみればわかると書いております。責任者の自己満足はめしとごみの区別がつかなくなる程度まで達しているからだと。うちの職場の食堂、このところ明らかに劣化しているのだが、大丈夫だろうか?


気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

スポンサーサイト

ア、 アシュキン!?

今日は2018年ノーベル物理学賞の発表があって、米国のアーサー・アシュキン博士、フランス理工科学校のジェラール・ムル博士、カナダ・ウォータールー大のドナ・ストリックランド博士に授与されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000055-mai-sctch

他の2人は置いといて、アシュキンさんには驚きました。いや、見たときは本当に表題のように「ア、アシュキン!?」って言いました。レーザーで微小物体を操る「光ピンセット」で受賞したわけですが、なにせすごく昔の成果のように思えますから。確かに何十年も前の成果に対して贈られることは多いのですが、「レーザーを用いて原子を冷却・捕獲する(1997年受賞)」「ボーズアインシュタイン凝縮(2001年受賞)」など、関連する研究でもっと新しいものが20年近く前に受賞しているのに、今になって「光ピンセット」が受賞するとは。

ウィキペディアによるとhttps://en.wikipedia.org/wiki/Arthur_Ashkin、アシュキンさんは96歳だそうです。いや、そのくらいの歳だろうと思いますよ。正直まだご存命とは思っていませんでしたから。まさに先駆け的な仕事をしてきた人だと思うし、当然ですが受賞に異論はございません。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

フェザータッチ

グランパスサポーターの妻に引き連れられて、久々に等々力競技場にサッカー(川崎フロンターレvs名古屋グランパス)を見に行きました。
前に行ったのは、ボンバー中澤選手がヴェルディにいた頃(おそらく20年近く前)でしたが、ずいぶん変わりましたな。きれいになっていたし、客もたくさん入っていたし、フロンターレ強いし。あの頃は客も少なく、どこかのおじさんが長椅子に寝転んでいたのに。

では本題です。

今日は、はやぶさ2の小惑星「リュウグウ」到着について。
https://www.sankei.com/life/news/180921/lif1809210021-n1.html
小型ロボットを投下して、地表の撮影や温度の測定を行うそうです。ただ、重力がとても小さくて、車輪を使うと機体が浮いてしまうそうで、内蔵モーターの回転の勢いでジャンプして移動するのだそうです。「内蔵モーターの回転の勢い」っていうくらいだから、バネみたいなものじゃなくて、本当に何かが回った時の勢いなのでしょうね。

重力が地球上の8万分の1しかないというから、例えば地球上で1mの高さのつもりでボールを投げ上げると、80 km上がってしまうということですかね。しかも1日くらい経ったら落ちてくるのですかね。鉛直投げ上げのざっくりした計算ですけど、こうもかけ離れていると合っているか不安になってきますな。

まあ、この星の上で何かするというのは、とんでもないフェザータッチが要求されるのでしょうな。運用している方々のプレッシャーも相当だろうなと、お察しします。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

量子コンピューターで実証実験

いやー、ブログの更新というのはいったん途切れるとぱったり途絶えるものですな。
で、思い出して「そういやあのブログ、ほっとくのも難だから閉鎖しようかな?」と思うと、なんかもったいない気もしてくるんですな。

まあ、ちょっとずつ、更新していこうと思います。
昔は記事や本の内容をある程度説明しながら感想(まあ解説ではないな)を述べてましたけど、これからはほとんど説明しないと思います。今となっては続けるには負担が重すぎるので。

では本題です。

今日は、日本経済新聞「自動運転、量子コンピューター活用 先端技術競う」という記事から。
自動車の自動運転関連の技術開発の動向を記したものです。経済寄りの記事ですし、量子コンピューターについて深く書いてあるわけではないので、記事だけ読んでもどんな量子コンピューターなのか、どんなアルゴリズムなのかはよく分かりませんが、まあとにかく、量子コンピューターが利用されているようになってきているとのことです。

量子コンピューターの説明はリンク先に譲るとして、2017年3月からフォルクスワーゲンがDウェーブ・システムズという量子コンピューティングの専門企業と共同プロジェクトを開始し、「交通の流れを最適化できることを示し、複雑な問題の解決に強い量子コンピューティングを大都市の交通問題解決に適用できることを明らかにした。」のだそうです。

フォルクスワーゲンやトヨタグループがすでに実証実験に採用しているくらいですから、本当に有用なんでしょうなあ。量子コンピューターについて私が10年ほど前に持っていたイメージは、普通のコンピューターが不得手な問題があっという間に解けるようになるらしいけど、解ける問題が素因数分解くらいで、量子ビットを集積するのが難しいというイメージでした。10年で全然変わっているのでしょうな。というか、交通の流れの最適化にとって、素因数分解が重要だということなんですかね。

気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ

量子物理学の発見 その5 ラザフォード

近所にモンタボーというパン屋があり、サフジュというパンが10周年(?)を迎えたということで、キャンペーンをやっていました。もらった紙を次持っていくとサフジュ1個サービス。さらに、サフジュPR用の絵を描いて送って抽選で当たると、サフジュ20個サービス。
何が何でも副賞はサフジュのようです。そうくるかと思いましたが、この副賞で絵を描いてくれる人は、間違いなくサフジュを愛してやまない人でしょう。そう考えると、正しい副賞の付け方なんですね。
言い添えておくと、サフジュ美味しいです。ロングセラーなのもわかります。
以下、通販サイト
http://www1.enekoshop.jp/shop/mont-thabor/


さて、本題です。
今回は「量子物理学の発見 ヒッグス粒子の先までの物語 (レオン・レーダーマン、クリストファー・ヒル 著、 青木薫 訳)」の「第2章 そのとき、ニュートン力学は崩れた」より。大昔の研究「物質が原子でできていて・・・」といった話から、順を追って解説がなされていきます。その中で、ここでは、原子の中心には原子核というプラスの電荷を持つ密集したものがあって、その周りを電子が回っていることを突き止めた、有名なラザフォード散乱の実験について取り上げます。

学生の頃から実験屋としての突出した能力があったようで、1890年代の頃に自作の無線装置で800 m先と信号を送受信していたとのこと。電子の発見で有名な当時のキャヴェンディッシュ研究所の所長J. J. トムソンに「ラザフォード君ほど、独創的な研究をしようという熱意と、そのための能力を持つ学生を、わたしは知りません。」と言わしめたほどのようです。

ラザフォード散乱の実験というと、薄い金箔にアルファ粒子と呼ばれる比較的に重くてプラスの電荷を持つ粒子を打ち込んで、その進路がどう逸れるかを調べた実験です。粒子の逸れる角度や、逸れる粒子数の割合から、原子の中のプラスの電荷は薄く分布しているのではなく、非常に小さな領域に密集しているんだと見出したわけですが、どうも狙いすましてやったわけではなさそうです。当時は、プラスの電荷は薄く分布しているはずと考えられていて、そうだとすると粒子はほとんど真っ直ぐに金箔を突き抜けてくると予想されますから、ラザフォードと仲間たちは、突き抜けてくる粒子を精密に測定していたわけです。しかし、念には念を入れようと思ったらしく、金箔に跳ね返されて戻ってくる粒子が一つでもあるかをチェックしようと思ったそうです。すると、8000個に1つの割合で戻ってきたのだそうです。ラザフォード曰く「それはまるで、十五インチ砲弾を、一枚の紙切れに向けて発射したら、砲弾があなたの方に戻ってきて命中したようなものだ」

いや、やってみるものですな。そしてまた、やってみようと思って、本当にやってしまうのが才能というものなんでしょうな。検出器の場所を変えればいいだけじゃないかと思うでしょうが、ただ場所を変えただけでは何も見つからないはずです。私はこの実験をやったことはないですが、大体そういうものだというのは分かるんです。計画通りの実験をするのだって実際にやってみたら相当骨が折れますから。

私もいくつか予想外の実験結果というのはあるのですが、どうしても本筋の実験の方に忙しくて、そこを調べ尽くす余裕がないんですよね。また、予想外の実験結果は大発見の元かもしれないとはいえ、ほとんどの場合何も分からずに終わりますから。しかしそんなこと言っているようでは小者に終わってしまうなあと、反省した次第でありました。


気に入っていただけたら1クリックを
にほんブログ村 科学ブログへ


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

バラッくま

Author:バラッくま
色々あったのち東京深川在住の科学技術系の研究者。
クマに似ている。最近はカピバラにも似ている。
専門: 量子エレクトロニクスなど。
休みのときは、(有休を取ってまでして)落語、スキューバダイビング、スポーツ観戦(相撲など。両国が近いのでうれしい。)、音楽鑑賞などを少しずつ。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
気に入っていただけたら1クリックを
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード